乳首が短くて完ミスタートでも直母も完母にも成功した授乳のコツ

母乳育児で悩んでいるママ向けに母乳相談室を使って完ミから完母に移行した私の実体験を綴っています。乳首が短くて直母が全く出来なかった私でも、その後直母が出来るようになり、母乳量もグンと増やし完母になれました!母乳育児で悩んでいるママぜひ私の経験を参考にしてください。

MENU

母乳量を増やしたいなら!完母にしたいなら!完母に出来た私が一番買ってよかったものとは?

完母にしたくて焦っているあなたへ★

 

我が子は直母すら出来ず完ミで退院し、

生後1ヶ月直前までおっぱいから直接母乳が飲めなかったのに

生後2ヶ月で完母に出来ました!

 

その理由を書きたいと思います。

f:id:happyday12777:20170417114847j:plain

 

完母にしたかったのに完ミのまま泣きながら退院した私について

こんにちは。1児の女の子を育てているママのさっつんと申します。

f:id:happyday12777:20170417110417j:plain

待望の妊娠後、自然分娩で順調に産まれてきた赤ちゃん。

 

バースプランにも、「産まれたらすぐに初乳を吸わせたい」と書き、

おっぱいって、赤ちゃんが産まれれば普通にあげられるものだと思っていました。

もちろん、出産前は当たり前のように完母で育てたいと思っていました。

 

でも!

赤ちゃんにおっぱいをあげることが、こんなにも大変なことだったのかと、、、、

私の育児は「失望」から始まったのです。

 

入院中、ひたすら練習しても、何度挑戦しても、赤ちゃんは上手に私のおっぱいが吸えるようになりません。私の乳首が短いことが原因でした。

(乳首が短いと授乳に影響するって全然知らなかったww)

 

それでも3時間毎に、病院内の授乳室へ行き、ひたすら授乳の練習をするもダメ。

そのうち赤ちゃんは四六時中、お腹が空いて泣くようになってしまいました。

 

母子同室だったので、赤ちゃんを病室へ連れて帰るのですが、いつもお腹を空かせて泣いている我が子。他のママさんたちは、上手に授乳をしてあげているように見えました。

 

まるで自分が母親失格のような気持になり、病室内のカーテンの中で、何度も何度も泣きました。

それでも、母乳で育てたかったし、退院したらもう聞ける人がいなくなっちゃうから、

頑張って助産師さんに手伝ってもらって授乳の練習を昼夜続けました。

f:id:happyday12777:20170417115341j:plain

 

それでもダメでした。

入院中は、結局直母でおっぱいを飲ませてあげることすら出来るようにならず、

まさかの完ミでの退院となったのです。

 

絶望的な気持ちでした。

f:id:happyday12777:20170417124824j:plain 

ママなのに、大事な我が子に母乳の栄養すら与えてあげられない。

母乳で育てたかったのに、赤ちゃんがおっぱいをお口にくわえることすら出来ない。

 

自宅に帰ってからも、ミルクを作る度にこみあげてくる虚しさ。

本当は母乳をあげたいのに、あげられない悲しさ。

 

そんな中、「赤ちゃんおっぱい飲めないの?」「母乳足らないの?」と容赦なく聞いてくる母。

 

泣いている赤ちゃんを抱きかかえながら、何度も悔しい思いをしました。

 

そんな私でしが、なんと生後2ヶ月すぎには完母になりました!!!

 

完ミからのスタートでも、完母に出来るんです!

 

私の場合は、赤ちゃんが産まれてから1ヶ月を目前にしたところで、やっと直母が出来たような状況でした。

そこから1ヶ月ちょっとで、母乳の量をグンと増やして完母です!

ちなみに、超貧乳です。

 

それでもちゃんと完母にすることは出来たのです。

 

あなたもこんな悩みを抱えていませんか?

・『妊娠中は当たり前のように母乳で育てていけると思っていたのに、赤ちゃんがなかなかおっぱいを上手に飲んでくれない』

・『桶谷式マッサージや母乳外来でおっぱいマッサージを受けてはいるものの、いつになったら完母に出来るのか不安』

・『手で絞って数滴くらいしか母乳が出ない。こんな量から完母に出来る気がしない。自信が無い』

・『周りから、「母乳量足りてる?」「おっぱい足らないの?」「え!ミルクあげてるの?」と言われることが苦痛で仕方ない』

・『赤ちゃんがお腹空いたと泣いてもミルクだとすぐにあげられなくて時間がかかるのが辛い。使った哺乳瓶も毎回洗うのが大変で、育児の中で負担になっている』

『夜中の暗くて眠い時の調乳が辛い。おっぱいを出せば良いという育児スタイルに早くしたい』

・『外出時にもミルクグッズがかさばり邪魔…早く完母にして荷物をもう少し減らしたい』

・『ゴクゴク音を立てながら赤ちゃんにおっぱい飲ませているママがうらやましい!うちの子はゴクゴク音を立てて飲まない』

 

これ、全部私が抱えていた正直な悩みです。

 

どうにか、一日でも早く、完母にしたいと願っていました。

 

とにかく赤ちゃんがおっぱいをくわえられるようになることが第一歩! 

まず、直母が出来なかったので、Amazonで桶谷式の母乳相談室の乳首SSサイズを購入して、直接おっぱいをくわえる練習をしました。

その内容についてはこちらに書いています。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

直接おっぱいをくわえられるようにならないからには、母乳の量を増やすことは難しいし、

とにかくおっぱいを吸ってもらえるように…

母乳の製造工場を止めないように…

 

必死に桶谷式の母乳相談室の乳首を活用して練習し、生後1ヶ月を目前にして直母がやっと出来るようになりました。

育児日記にも赤字で「直母になった!」と書き込み、花丸を付けました!(笑)

f:id:happyday12777:20170417130712j:plain

やっとやっと母乳育児のスタートラインだ!!

と感動していたのも束の間。

 

結局母乳量が足らないから、やることは何1つ変わらなかったんです。

 

お腹が空いて泣かれても赤ちゃん待たせないといけない。

哺乳瓶の消毒も毎回だし。

夜中に眠くても調乳しないといけないし。

荷物も減らないし。

 

早く母乳の量を増やしたい!

その一心で、あれこれ試しました。

 

直母になっただけじゃダメだった!母乳量を増やすために私が取り組んだこと

一番は食事。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

ご飯を沢山食べて、お水も飲んで、根菜摂って…

確かにこれだけでも、母乳の量は増えると思いました!(実感しました)

 

でも、これだけじゃ時間がかかるんです。

なぜかと言うと、

 

母乳量が増えてきても、それよりも早いスピードで赤ちゃんが成長して、飲む量が増えちゃうから!!!!!

 

追いつかないんですね。製造量が。

まるでいたちごっこ。

 

だから、一日でも早く母乳量を増やしたいなら!とハーブティーの力を借りてみることにしました。

 

ありとあらゆるハーブティーをネットでお試し購入。

その中で一番良かったのは、AMOMAのミルクアップブレンドでした。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

色々な冊子が同封されて送られてきて育児のためになるし、色々と勉強になって良かったのですが、私はこのハーブティーだけじゃ母乳量は飛躍的に増えなかったし、

そもそもハーブティーをゆっくり楽しめるような時間の余裕がなかったのです。

 

私はとにかく母乳のことで悩んでいたので、ことあるごとに知り合いの友達に授乳の悩みを相談していました。

 

そんな中、同じ会社で、半年早く産まれた子どものママである子から、「ミルニックのサプリが結構効くよ」と教えてもらいました。

 

>>ミルニックのサプリメントとは?

 

f:id:happyday12777:20170417133659j:plain

私には「母乳の量を増やすならハーブティーだよね」という知識しかなかったので、サプリメントで母乳量が増えるなんて知らなかったし、効果があるのかも不安でした。

 

それに、ミルニックは1日1包。

これだけの量で本当に効果が出るのか半信半疑でしたが、信頼する友人の勧めだったし、私は一日でも早く母乳量を増やして完母にしたかったので挑戦してみることにしたのです。

 

ミルニックは、サプリメントと言っても薬のような錠剤ではなく粉状で、味もラズベリーっぽい甘酸っぱい味。そのままでも普通に飲めました。

 

粉をそのまま口に入れるのが不安であれば、色んな食べ物や飲み物に混ぜて飲めばいいそうです。ヨーグルトに混ぜたり、日頃飲んでるお茶やお味噌汁に混ぜたりなんかでもいいそうです。私はだいたいそのまま飲んでました。それが一番簡単だから…。

 

どう変わった?私がミルニックを試した結果

ミルニックは、母乳の質、栄養サポートに最も良いと言われるたんぽぽ(根)である西洋たんぽぽをメインに &ラズベリーリーフ&フェンネルの三大成を配合したサプリメントです。

  

ラズベリーとフェンネルは、母乳量を増やすには欠かせないハーブ。

これを、ハーブティーとして紅茶で体内に取り入れるのではなく、そのまま飲んじゃう!というのがこのサプリメント。

 

1日1包だけだから、これで大丈夫なのかな?という不安もあったのですが、

うちの赤ちゃんの場合は、このミルニックを飲み始めてから1週間で、

念願だったあの「ゴクゴク」音が聞けるようになりました!!!!!!

 

感動しました。

ずっとずっと聞きたかったんです。この音が。

 

確かに直母が出来るようになってから、母乳量が増えてきている実感はありました。

それは、沢山ご飯を食べていたからかもしれないし、沢山お水を飲んでいたからかもしれないし、AMOMAのハーブティーのおかげかもしれないし、分かりません。

 

でも、「しっかりと量を飲めている」という実感がなかったので、

私はこの「ゴクゴク音」を待っていたし、本当に嬉しかったんです。

 

母乳を増やすためには様々な努力をしましたが、何と言ってもサプリメントの効果は大きかったなと感じています。

 

そうして、生後2か月後の助産師さんの自宅訪問の際に赤ちゃんの体重を測ってもらったところ、「ここ数日で体重が急激に増えるぎてる!もうミルク止めていいよ」と言われて完母に!

 

助産師さん訪問以来、一度もミルクをあげることなく、娘はスクスク成長しました。

 

他にもある!ミルニックで私が助かったこと

また、ミルニックは豊富な乳酸菌を配合しているので便秘解消にも繋がりました。

これはとても助かりましたし、またミルニックには赤ちゃん由来のビフィズス菌(BR-108)、乳酸菌生産物質、 母乳の根本である血液を作る天然葉酸を加え、正常な母乳栄養児めざすことが出来るので、ママ自身のお食事内容がこれで大丈夫かな…?母乳に悪くないかな…?という心配も解消してくれました。

 

サプリメントって一見不安かもしれませんが、私の実体験が参考になればとても嬉しいです。ミルニックは完全無添加で造られているので、安心して摂取できる栄養機能食品にもなっています。

 

完母になって育児生活どう変わった?

f:id:happyday12777:20170417142237j:plain

念願の完母になってからの私の感想ですが、やっぱり育児の負担はグググッと減りました!

 

どこへ行くにも授乳ケープさえあれば赤ちゃんをお腹いっぱいにさせてあげあれるし、毎回のミルク作りや消毒、乾燥…も必要なくなりました。

 

また、お金面でもとっても助かりました!

ミルク代がかからないって、こんなにありがたいことだったんだ!と思いました。

 

そして最後に。

やっぱり自分の母乳をあげられているという幸福感。安心感。

おっぱいで繋がっていられる幸せ。

 

これは、最初から順調に手に入らなかったからこそ、より深く味わえたものだと思います。

 

授乳ライフのスタートは大変なものでしたが、その分授乳を大切に想えるようになって、赤ちゃんへもより一層愛情を注げるようになった気がします。

 

あなたも以前の私のように、

・一日でも早く母乳量を増やして完母にしたいですか?
・「おっぱい足りてないの?」という言葉に傷つく生活を辞めたいですか?
・ミルクでの哺乳に疲れてきていませんか?

それなら一度試してみてください。

 

ミルニックは、母乳の質・母乳の量をグッと高めることが期待出来るし、
私も数あるハーブティーも試してきた中で、一番これが良かった!と思える商品でした。


完全無添加、そして残留農薬試験や放射能濃度検査も通過してきたので安心だし、母乳量を増やすだけでなく、オリゴ糖や天然型酵母葉酸など、ママも赤ちゃんも体の調子を整えられる成分が豊富に含まれています。

➡➡商品の詳細はコチラから確認が出来ます★

熊本地震から今日で1年。赤ちゃんがいる私たちに必要な情報まとめ

今日で熊本地震から1年。

うちは親戚がみんな九州に住んでいるので、毎日起こる余震に怯え、緊張しっ放しの状態でした。

 

もう小学校高学年だった甥っ子も1人で寝られない状態が続き、枕元には常にヘルメットを常備。

85歳のおばあちゃんも、「生まれてからこんなに怖い思いをしたことはないよ」

とあまり眠れない毎日を過ごしていました。

 

熊本地震では、複数名の死者も出てしまい大きな被害が出ましたが、そんな中でも心が救われるニュースもありましたね。

 

それが、生後8ヶ月の赤ちゃんの救出でした!

f:id:happyday12777:20170414093017j:plain

この赤ちゃんは、ちょうど寝かしつけが終わって寝てから5分後くらいに地震が襲い、1階で寝ていたため生き埋めになってしまったんです。

 

ママの明美さんは働きながら娘を育てるワーキングママ。その日も仕事を終え、やっと寝かしつけも終え、祖父母ら家族とお茶でも飲もうかとホッとした瞬間に地震が襲ったとのことです。

 

明美さんは赤ちゃんのもとへ走っていこうとしたのですが、間に合わないまま家は倒壊。明美さんと祖父母は潰れた家から何とか抜け出せたのですが、愛娘は助け出せなかったのです。

 

駆けつけた救出隊が崩れた家のなかに入ろうとしても何度も襲う余震。そんな中で約6時間の救出作業の末、「子どもの声が聞こえたぞ!」と救出隊が柱と柱の隙間から赤ちゃんを発見。赤ちゃんはほぼ無傷の状態で救出されたのです!!

 

本当に良かったです。

このニュースには私も胸が熱くなりました。

f:id:happyday12777:20170414093440j:plain

(赤ちゃんが救出された家)

 

 

地震のニュースが流れる度に、「赤ちゃんがいる私は、もし大地震に見舞われたらどうすればいいんだろう」と心配になります。

明美さん宅の赤ちゃんも、命が助かったから本当に良かったけれど、助かったあとも、どうすればいいのか心配になりませんか?

 

おっぱいは…。ミルクは…?オムツは…?

ただえさえ、普段の育児もいっぱいいぱいなのに、地震で被災したらパニックになってしまいそうです。

 

地震自体は防ぎようがないけれど、でも、「もしこうなったらこうすればいい!」と知識があるだけでも全然違うと思います。

 

そこで、赤ちゃんがいるママが地震に見舞われたらどうすればよいのか、情報をまとめました!

 

まず第一に!災害時の赤ちゃんへの授乳・ミルク問題

f:id:happyday12777:20170414094938j:plain

母乳育児をしているママは、地震に見舞われたらストレスでおっぱい出なくなっちゃうんじゃないの?と不安になりませんか?

 

そんなときどうすればいいのかを、

ユニセフ内にある母乳育児団体連絡協議会という団体が、東日本大震災の発生を受けて作成した資料にまとめて書かれています。

(文章はこちらから➡「災害時の乳幼児栄養」に関する指針

 

団体からの情報によると、

一時的に母乳が出なくなっても頻回授乳を続けること!

というのが結論のようです。

 

それぞれ文章が少し長いので、どうすればよいのかを抜粋します。 

・ストレスで一時的に母乳の出が悪くなっても、普段より頻繁に吸わせ続ければ母乳量は回復する

 

・母親が十分に食べられなくても、数週間は変わらない栄養を持った母乳が分泌される

 

・一歳を過ぎていても、母乳には感染予防効果と栄養的価値が十分にある。安全な水や食料が手に入るまでは、母乳のみで切り抜けられる

 

・例えミルクが手に入ったとしても、清潔な哺乳瓶や清潔な乳首、清潔なお水が手に入るとは限らないので、極力母乳を与えてほしい

母乳で育てているママは、ストレスで一時的に分泌が減ったとしても大丈夫だから、頻回授乳を続けて!

ということなんですね!

 

じゃあミルクで育てている場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

 

【災害時の赤ちゃんへの哺乳・ミルク編】

震災後、すぐにミルクが入らないかもしれません、、

 

そんなときにどうすればいいのか、

日本新生児成育医学会という団体が、災害時の子育て情報をHPに載せています。

(HPはこちらから➡一般社団法人 日本新生児成育医学会-災害時の子育て情報

 

この団体からの情報によると・・・

ミルクが手に入らなければ、湯冷ましにお砂糖を溶かしたものをあげましょう!!

ということらしいです。

 

HPの内容で大事な部分を抜粋すると、

・粉ミルクが無いときは、湯冷ましとお砂糖で一時しのぎが可能。

→コップ一杯(200ml)の湯冷ましに、砂糖おおさじ1を溶かして入れる

 

・重湯(多量の水でお米を炊いたときの、米粒以外ののり状の汁)でも可能。

ということだそうです。

ちなみに、ずっと昔、粉ミルクが開発される前はこの「重湯」を赤ちゃんにあげていたそうです!だからこれでいいんですね★

 

また、先ほどのユニセフの文章の中にはこんなことも書かれていました。

・混合栄養でも、今までより頻繁に吸わせれば分泌量の増加が期待できる

 

・哺乳瓶の乳首を清潔に保つのは難しいため、ミルク哺乳の際は紙コップを利用する

 衛生面をどう保つかも大事な課題ですね…

 

震災時、赤ちゃんのオムツはどうしたら良いの?

震災時にオムツが手に入らない場合にどうすれば良いかは、スーパーの袋などのポリ袋とタオルを活用します。

 

まず袋の両端を切って、その間にタオルを敷きます。

それを赤ちゃんのお尻にあてて、袋の両端を結べば、即席オムツ!

 

布があれば、袋は繰り返し使えます。

 

赤ちゃんがいるママ向け。震災時に手元にあるとすっごく便利なものまとめ

自宅で被災した際に持ち出す防災バッグには何が入っていたら良いのか、

Eテレの「すくすく子育て」で紹介されていました。

 

ゲスト出演されていたのは、自身も熊本地震で被災されたスザンヌさん。

f:id:happyday12777:20170414101845j:plain

 

すくすく子育ての中で紹介されていた、防災バッグに入れておいた方がいいグッズはこちらです。

f:id:happyday12777:20170414102021j:plain

 

特に乳幼児向けはこちらのものが必要だそうです。

f:id:happyday12777:20170414102247j:plain

やはり、スティックシュガー(お砂糖)は、ミルク代わりになるんですね!

常にバッグに入れて携帯しておくと安心ですね。

 

そして、スザンヌさんも自身の避難所生活で一番役立ったものを紹介していました。 

f:id:happyday12777:20170414101922j:plain

それがラップ!!!!

 

ラップは、お皿に敷いて使えばたとえお皿が洗えなくても常に清潔な状態でご飯を食べることができます。

 

なのでラップが大活躍したそうです。

 

被災後の生活の中で、やはりとにかく気になるのは衛生面。

赤ちゃんがいると本当に心配です。

 

我が家では、この冬も大活躍したし常に常備している除菌スプレーがあります。

それが、「パストリーゼ」です。

 

パストリーゼは本当に普段の生活から大活躍するし、こういった被災時でも私たちを守ってくれます。 

何がすごいかと言うと、 

・南極観測隊指定採用されている。

 

・酒造会社ならではの遺伝子組み換えを行なっていないサトウキビ原料由来の醸造用アルコールを用いているから安心。

 

・緑茶から抽出した高純度カテキン配合、純水を使用し長期間抗菌持続性を実現

 

・食品に直接かけられる。お刺身や生鮮食品の保存、パン・お餅果物などの防カビ保存にもなる。

 

・強力な除菌力で、卵の殻の除菌・抗菌、歯ブラシ・かみそりなどの除菌にも使用できる!

 

・ノロウィルス効果実証。

・O-157効果実証。

・インフルエンザ対策効果。

 

「パストリーゼ」は、洋菓子の殺菌などでもパティシエが使っているので、実は元々私たちの身近にある除菌スプレーなんですね。

 

 

 

震災時にはとにかく不衛生になり、感染症も流行します。

冬の時期だと一気にノロウィルスが流行って嘔吐物が散乱してしまったり、

子どもがいるとインフルエンザの流行もすごく心配です。

 

ですが、これが一本あるだけで、すっごく安心ですね。

我が家もこの冬はパストリーゼのおかげで、インフルエンザもノロウィルスも感染せずにやり過ごすことが出来たんです。

 

外出時には色々なところを触ったり舐めたりするので、頻繁に手にシュッシュとパストリーゼをスプレーしていました。

 

ただし、これは「アルコール」なので、大量に振りかけすぎると肌が荒れてしまうので注意してくださいね。

 

是非、「パストリーゼ」を震災時に大活躍する衛生対策グッズとして、一本常備をしておいてください。

 

➡記事の一覧はこちら

 

 

 

★母乳量増やして完ミから完母にした私の記録★

赤ちゃんと外出していると、街中でおばあちゃんに話しかけられ、「母乳?」って聞かれる。

 

完ミのときは、恥ずかしくて正直に言えなかった…

 

おっぱいすら直接くわえられなかった私の赤ちゃんが、おっぱいを飲めるようになったのは、

 

まさかの出産から約1か月後。

 

それでも、完母になったんです!

 

その詳細は、こちらです↓↓↓

f:id:happyday12777:20170509233049j:plain

>>『完ミだった私が完母になった理由』はこちらから★