乳首が短くて完ミスタートでも直母も完母にも成功した授乳のコツ

母乳育児で悩んでいるママ向けに母乳相談室を使って完ミから完母に移行した私の実体験を綴っています。乳首が短くて直母が全く出来なかった私でも、その後直母が出来るようになり、母乳量もグンと増やし完母になれました!母乳育児で悩んでいるママぜひ私の経験を参考にしてください。

MENU

直母が全くできなかったことが理由で完ミ育児のまま退院しました

入院中、直接おっぱいすら吸えなかった我が子

待望の赤ちゃんが誕生し、喜びでいっぱいだったのですが、一晩休んだらすぐママにはまた大きな仕事が待っていました。

 

それは赤ちゃんへの授乳です。

 

赤ちゃんを育てるというと、オムツ替えや抱っこなどお世話をしてあげたりというようなことを想像しますが、

 

何よりも大事なことは、赤ちゃんに栄養を与えて大きく成長させてあげることです。

 

しかしこの大事な、赤ちゃんへの栄養をあげるということを、私は入院中におっぱいから直接与えることが出来ず、

 

完ミでしか実現することが出来なかったのです。

f:id:happyday12777:20160330222707j:plain

母乳を与えることが、こんなにも複雑で誰でも簡単に出来ることではないという事実を私は知りませんでした。

 

出産後すぐに母乳が出ないことは、元々なんとなく知っていましたが、

 

母乳が出始めさせすれば、飲んでくれると思っていたのです。

 

私のようにそう思っている人は、男女年齢問わずきっと沢山いるのではないかなと思います。

 

生まれた翌日から、赤ちゃんと私で泣きながらの母乳スパルタ特訓が始まりました。

 

出産後にこんなに大変なことが待ち受けているとは、全く想像していませんでした。

 

赤ちゃんは、ある程度の栄養を持って生まれてくるので、すぐにおっぱいが飲めなくても生きていくことはできます。

 

しかし、いくら栄養を持っていたとしてもお腹は空くのでおっぱいちょうだいと泣いて訴えてきます。

 

私はその期待にすぐ応えることが出来ず、早速自信を無くしてしまったのでした。

 

母乳が出始めれば飲めるんじゃないの?

そもそも、母乳をあげるまでにはどのような流れになっているのかですが、まず、私に限らず出産を経験したママは、出産後すぐに母乳が出るわけではありません。

 

出産して胎盤が剥がれたところで母乳の製造が開始され、母乳が出始めるまでに数日かかります。

 

特に初産のママは、助産師さんにおっぱいマッサージ(激痛)などをしてもらい乳管を刺激し、乳腺を開通させる必要があります。

 

しかし、それで母乳が出始めればすぐに授乳が出来るのかというと、ここからは個人差がありますが、私の場合はそれも違っていたのです。

f:id:happyday12777:20160330223858j:plain

なぜ、赤ちゃんは生まれてすぐに上手におっぱいを飲めなかったのでしょうか。

 

私の場合は、私の乳首の形状が一番の問題でした。

 

通常より(通常がどのくらいなのかはわかりませんが)乳首が短いため、

 

生まれたばかりの小さなお口で、乳首を吸うことが出来なかったのです。

 

そしてもう一つの問題は、乳首の硬さです。

 

耳たぶくらいの柔らかさが理想ですが、私のおっぱいは出産後、まるで岩のようにカチカチになり、

 

そしてパンパンに張ってしまい、

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口の吸引力では到底吸えるものではありませんでした。

 

当たり前のように完母で育てたいと思っていた私は、赤ちゃんが直接母乳を飲めないという状況に面喰ってしまいました。

 

大部屋に入院していたため、三時間に一度授乳のために授乳室へ行くのですが、周りのママさんたちは上手におっぱいをあげています。

 

しかし自分の赤ちゃんは目の前で、吸えずに泣いています。

 

まるで自分が出来損ないのママのように思え、

 

そして出産後のホルモンの変化も手伝い、涙を止めることが出来ませんでした。

f:id:happyday12777:20160330224501j:plain

おっぱい飲めないまま、減り続けた我が子の体重・・・

何とか完母にしたいという思いで、入院中は助産師さんを積極的に捕まえておっぱいマッサージや授乳指導をしてもらいましたが、

 

私と赤ちゃんの呼吸のタイミングも全く合わず、ほぼ母乳が飲めなかった結果、

 

赤ちゃんの体重は出生時から減り続けました。

 

お腹が空いているために泣き続ける我が子。

 

そんな我が子に栄養を与えてあげられない自分の不甲斐なさ。

 

そして陣痛並みに痛いおっぱいマッサージ。

 

出産後に待ち受けていたのは幸せでプレミアムな時間ではなく、泣いてばかりで壮絶で辛い時間だったのでした。

 

結局、ミルクでの育児をせざるを得なくなりました。

 

そんな私でも、退院後にほぼ自力で完母を実現することが出来たのです。

 

➡記事の一覧はこちら

 

 

 

★母乳量増やして完ミから完母にした私の記録★

赤ちゃんと外出していると、街中でおばあちゃんに話しかけられ、「母乳?」って聞かれる。

 

完ミのときは、恥ずかしくて正直に言えなかった…

 

おっぱいすら直接くわえられなかった私の赤ちゃんが、おっぱいを飲めるようになったのは、

 

まさかの出産から約1か月後。

 

それでも、完母になったんです!

 

その詳細は、こちらです↓↓↓

f:id:happyday12777:20170509233049j:plain

>>『完ミだった私が完母になった理由』はこちらから★