乳首が短くて完ミスタートでも直母も完母にも成功した授乳のコツ

母乳育児で悩んでいるママ向けに母乳相談室を使って完ミから完母に移行した私の実体験を綴っています。乳首が短くて直母が全く出来なかった私でも、その後直母が出来るようになり、母乳量もグンと増やし完母になれました!母乳育児で悩んでいるママぜひ私の経験を参考にしてください。

MENU

母乳相談室の乳首はこんなにすごい!母乳相談室乳首効果のまとめ

母乳相談室の乳首は色んな用途で使えます

私も非常にお世話になった母乳相談室の乳首ですが、このすごさをしっかりとお伝えしたく、改めてまとめてみることにしました。

 

とにかくすごい!母乳相談室

 

まずは保護器として利用

母乳育児をしたいのに赤ちゃんが上手に大きなお口を開けて吸えない、

 

もしくはママの乳首が短い・扁平・陥没などで低月齢の赤ちゃんでは吸いにくいといった場合に、

 

乳頭保護器として活用すると赤ちゃんが上手におっぱいを飲めるようになることについてはこちらの記事で書きました。

 

bonyu-ikuji.hatenablog.com

 

母乳相談室の乳首は柔らかく、ミルクが出てくる穴も小さいため、

 

非常に本物のおっぱいに近い形状となっています。

 

他の哺乳瓶では、赤ちゃんが吸えば少しの力でも沢山ミルクが出てきて楽なのですが、それではおっぱいを嫌がるようになってしまいます。

 

しかし、母乳相談室の乳首は穴がとても小さいため、ミルクを飲むためには力も必要だし時間もかかります。

 

そのためしっかりとした力で吸う練習、大きなお口を開けて吸う練習が出来るのがこの母乳相談室の乳首なのです。

f:id:happyday12777:20160405201447j:plain

乳頭混乱の解消に

また、元々混合で育児をしていて乳頭混乱になってしまった場合に、その乳頭混乱を解消するのにも使うことが出来ます。

 

ある日突然哺乳瓶を嫌がるようになった!というママも、この母乳相談室の乳首を使ってみてください。

 

「母乳相談室の乳首だけなら、哺乳瓶でミルクを飲んでくれる!」といった赤ちゃんがとても多いのです。

 

夜寝る前だけミルクを足したいなど、母乳寄りの混合で育てたいママにもとても重宝します。

 

完母から混合に切り替えたいママへも

また母乳相談室の乳首は、本来は母乳育児を目指したママへの商品なのですが、実は母乳からミルク育児に切り替えたいママへも、とてもオススメな商品です。

 

完全母乳で育てていると、いきなり哺乳瓶でミルクをあげようとしても赤ちゃんがうまくくわえてくれず、哺乳瓶を受け付けてくれない!ということもよく起こります。

 

例えば、生後半年までずっとおっぱいのみで育ててきたけれど、生後半年から保育園へ通うことになり、ミルクでの哺乳が必須になった。

 

しかし、哺乳瓶を完全に拒否されミルクが飲めず、慣らし保育中にすぐに呼び出されて困ってしまった、ということも聞きます。

 

そのような場合でも、この母乳相談室の乳首を使うことで解決したという赤ちゃんも沢山います。

 

赤ちゃんを育てるために何よりも大事で、数時間おきに必要な授乳。授乳に関する悩みはとても深く辛いものがあります。私も本当に色々と悩みました。悩んでいるママは、まずは母乳相談室の乳首を使ってみてはいかがでしょうか。

 

➡記事の一覧はこちら

 

 

 

★母乳量増やして完ミから完母にした私の記録★

赤ちゃんと外出していると、街中でおばあちゃんに話しかけられ、「母乳?」って聞かれる。

 

完ミのときは、恥ずかしくて正直に言えなかった…

 

おっぱいすら直接くわえられなかった私の赤ちゃんが、おっぱいを飲めるようになったのは、

 

まさかの出産から約1か月後。

 

それでも、完母になったんです!

 

その詳細は、こちらです↓↓↓

f:id:happyday12777:20170509233049j:plain

>>『完ミだった私が完母になった理由』はこちらから★