乳首が短くて完ミスタートでも直母も完母にも成功した授乳のコツ

母乳育児で悩んでいるママ向けに母乳相談室を使って完ミから完母に移行した私の実体験を綴っています。乳首が短くて直母が全く出来なかった私でも、その後直母が出来るようになり、母乳量もグンと増やし完母になれました!母乳育児で悩んでいるママぜひ私の経験を参考にしてください。

MENU

【必読】卒ミルク実践記!不足する母乳量を増やす方法★完母になった5ステップとは?

赤ちゃんを完母で育てることがこんなに難しいことだなんて…

 

あなたもそう思いませんでしたか?

 

私は、出産してから毎日毎日そう思っていました。

 母乳で育てることがこんなに難しいことだなんて、全っ然知らなかったんです。。。

  

しかもうちの赤ちゃんは、私の乳首の形状が吸いにくい形だったことが原因で、

 

おっぱいをくわえられないまま退院しました。

 

そう…

完母どころかおっぱいを1滴も直母できないまま始まった母乳育児ライフだったんです。(残酷)

 

でも、そこから色々と試行錯誤して、生後1ヶ月を目前にしたところで直母に成功し、その後5つのステップで飛躍的に母乳量を増やすことに成功し、

 

生後2ヶ月過ぎには完母になりました!

 

出産後は、まさかそんなに早く完母に出来るなんて1ミリも想像出来ず、

 

毎日泣いて、毎日悩んでいたのに…!

 

直母が出来るようになったの、生後1ヶ月直前だったのに…!

 

だから、誰でも完母になることはできると思います!

その方法をまとめてみました。

 

母乳を増やす方法 ステップ1:まずは食べ物

食べ物を意識することは大切ですね。私は相当意識して白米を食べ、根菜たっぷりのお味噌汁を飲んでました~!

bonyu-ikuji.hatenablog.com

 

母乳を増やす方法 ステップ2:ハーブティーの力も借りました!

ご飯だけでは母乳量を増やすにも限界があり、ハーブティーを摂りいれました。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

 

しかし、母乳に良いものを食べたりハーブティーを飲んだり、意識をして母乳量を増やしていっても、必要な母乳量もどんどん右肩上がりで増えていってしまって全然追いつきませんでした…

 

(粉ミルクの箱に必要なミルク量の記載がありますが、それをみても、赤ちゃんが飲むミルクの量は月毎に右肩上がりですしね!)

 

赤ちゃんの成長に合わせて右肩上がりで母乳量を増やすのは、かな~~~り大変なことでした…。

 

そこで食べ物やハーブティー以外にもこんな工夫をしてみました。

 

ステップ3:搾乳で無理矢理母乳を出して、製造量をアップさせる!

母乳量を増やすには、とにかく沢山赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことが重要ですよね。

 

しかし私の場合は、赤ちゃんが乳首の先を舐める程度しかおっぱいをくわえられなかったので、飲めてても1・2滴かな…というレベルでした。

 

そんな状況の中でも母乳を増やすために、Amazonでピジョンの搾乳機(手動)を購入しました。


 

 

早速絞ってみると、なんと絞れたのは5mlがやっとなくらい。やはり母乳は全然出ていませんでした。

 

そのため、赤ちゃんがまだあまりおっぱいを飲めない段階から、搾乳機で母乳を絞ってあげることにしました。

 

母乳は出すだけ作られるのだから、自分で絞って頑張ろう!と思ったのです。

 

搾乳機でおっぱいを絞ると、今作られている母乳の量が目で見てわかるようになるため目標値がわかり良いのですが、それとともに、こんな量から本当に完母になるのだろうか…焦りと不安が出てきてしまいました。

f:id:happyday12777:20160418214924j:plain

1回の搾乳にかかる時間は20~30分。

それくらいの時間頑張って絞っても、絞れる母乳は5ml~10ml。

 

そして搾乳したあとに搾乳機を洗い、乾かす。

 

この一連の流れが、体力的にも精神的にも結構ストレスがかかるのでした。もっと沢山絞れたら楽しいのかもしれませんが…。

 

ただでさえ慣れない赤ちゃんとの生活の中、頑張れることにも限界があります。

 

私は1日に何度も搾乳をすることは厳しいと感じました。

 

f:id:happyday12777:20170703102922j:plain

 

そこで、母乳はホルモンの関係で夜中に出が良くなるということを聞いていたので、搾乳は1日1回、夜中の0時~2時の間を目途に絞ることにしたのです。

 

赤ちゃんは夜中にもお腹が空いたと泣くので、まずはおっぱい(ほとんど飲めていない)、そしてミルク。赤ちゃんを寝かしつけたあとに、夜中に1度だけ搾乳。というのを続けました。

 

確かに、昼間に絞るよりも夜中に絞ったほうが、同じ10mlを絞るにしても必要な時間が短かったです。しかし、家族が寝静まっている時間帯に必死におっぱいを絞っている姿は…我ながら不気味だと思いました。笑。

 

母乳量を増やす方法 ステップ4:途中から、ミルクの量を最大80ml/回におさえた

また、一回にあげるミルクの量も工夫しました。

 

赤ちゃんは、生後2週間には1回に飲むミルクの量が80mlになります。

 

しかしそれ以降もどんどん哺乳量は増えていきます。私はその後も完母になるまでずっと、80ml以上のミルクの量をあげることを控えました。

 

赤ちゃんは、お腹が空くと泣いて自分から催促してくれます。その度に、授乳のチャンスが生まれ、頻回でおっぱいを吸ってもらえるようになります。そうすることが、何よりも母乳量を増やすのに大事なことなのです。

 

しかし、ミルクの量を増やしていって、直接おっぱいを吸ってもらう回数を少なくしてしまうと、なかなか母乳量は増えていきません。ミルクは腹持ちがいいので、あげる量を増やしてしまうと赤ちゃんは満足してしまい、授乳間隔があいてしまいます。

 

ただ、母乳量を増やすうえで私が搾乳の際に意識したのは以上の2つ。

夜間に1回の搾乳と、ミルクの量は80mlまでに抑えたということです。

 

あとは毎日の食べ物とハーブティー、そして、母乳の量を増やすサプリを飲むことで、母乳量をグンと増やすことが出来ました。

 

母乳量を増やす方法 ステップ5: 母乳に良いサプリを導入してみた!

ステップ4まで実践してもまだ完母にならない私の母乳育児…

 

本当に気持ちが滅入りそうでした。

そんなときに、友人からの勧めで今度はハーブティーではなくサプリを取り入れてみたんです。

 

それが、ミルニックというサプリでした。

f:id:happyday12777:20170908115054j:plain

結果、なかなか完母にならず悩んでいた私を救ってくれました。

 

もちろん、ステップ1~5までを実践してきた成果もあると思いますが、結果的に、このサプリメントを摂りいれてからまもなくして、私は完母になることができました。

 

その詳細については、こちらの記事にもまとめてみたので、1日でも早く完母になりたい、母乳量を増やしたい、と思っているママは、是非読んでみてください^^

母乳量を増やしたい!と眠れないほど悩んでいた私が実践したこと