乳首が短くて完ミスタートでも直母も完母にも成功した授乳のコツ

母乳育児で悩んでいるママ向けに母乳相談室を使って完ミから完母に移行した私の実体験を綴っています。乳首が短くて直母が全く出来なかった私でも、その後直母が出来るようになり、母乳量もグンと増やし完母になれました!母乳育児で悩んでいるママぜひ私の経験を参考にしてください。

MENU

授乳の肝は乳首の柔らかさ!乳首の形状じゃないんですね

乳首の硬さについて考えたことありますか?

乳首が短く入院中はおっぱいをくわえることすら出来ずに退院した私の赤ちゃん。その経緯についてはこちらに書きました。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

しかし、完母になった今思うことは、乳首の形状が問題だったのではなく、一番の原因は乳首の硬さでした。

 

正しい飲み方は、乳輪全体を赤ちゃんのお口に入れて飲んでもらうこと。

 

そのためには、小さい赤ちゃんのお口に入るように、乳輪を上下につぶしてハンバーガーのようにして、パクッとくわえさせてあげる必要があります。

 

しかし、出産後におっぱいはカチンコチンに張ってしまっていては、乳輪を上下につぶすことは出来ません。

 

そうなると、陥没・扁平・短い乳首のママは、赤ちゃんがくわえる部分が無いので授乳が出来なくなってしまうのです。

 

乳首が硬いと、おっぱいくわえられても悲惨

実は乳首の形状に何も問題ないママのほうが要注意。

 

なぜなら、乳首が張りすぎて硬いと伸びが良くないので、赤ちゃんが先端だけ吸ってしまい、乳首が切れてしまったり、血が出てしまったりするのです。

 

そうなると授乳は本当に大変。

 

赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれるのはありがたいですが、授乳が激痛で悲劇の時間になってしまいます。泣きながら授乳するママも沢山いるほどです。

 

それで、出産時の入院グッズとして、よくランシノーなどの保湿剤を買っておいたほうがいいと言われるんですね。

 

私も準備していました、ランシノー

私もそのような話を友人から聞いていたので、入院グッズとしてランシノーを購入していました。

 

しかし私の場合は赤ちゃんがおっぱいをくわえることすら出来ず、その後は保護器での練習を重ね、

 

その後おっぱいを直接くわえられるようになったときには乳輪全体をお口に入れられるようになっていたので、ランシノーの出番はないまま終わりました。

f:id:happyday12777:20160426214608j:plain

乳首はマッサージをすれば伸びてきます。私は赤ちゃんが吸いやすくなるように、お風呂に入る度に乳首をグイグイ引っ張ってマッサージしていました。

 

また、我慢の範囲であれば、赤ちゃんにどんどんおっぱいを吸ってもらうことで、赤ちゃんがほぐしてくれて、伸びも良くなります。

 

そして今では、当時は考えられなかったくらい、乳首を伸ばすことが出来ます。理想は、第一関節くらいまで伸びると良いそうです。

 

柔らかさも耳たぶくらいのふわふわな柔らかさになりました。出産直後はこれが無かったので、赤ちゃんがうまくくわえられなかったんだな、と納得しています。

 

なので、乳首の形状はなーんにも関係ありません!!赤ちゃんが吸いやすい柔らかさになれば母乳育児も進むと思います。

 

➡記事の一覧はこちら

 

 

 

★母乳量増やして完ミから完母にした私の記録★

赤ちゃんと外出していると、街中でおばあちゃんに話しかけられ、「母乳?」って聞かれる。

 

完ミのときは、恥ずかしくて正直に言えなかった…

 

おっぱいすら直接くわえられなかった私の赤ちゃんが、おっぱいを飲めるようになったのは、

 

まさかの出産から約1か月後。

 

それでも、完母になったんです!

 

その詳細は、こちらです↓↓↓

f:id:happyday12777:20170509233049j:plain

>>『完ミだった私が完母になった理由』はこちらから★