乳首が短くて完ミスタートでも直母も完母にも成功した授乳のコツ

母乳育児で悩んでいるママ向けに母乳相談室を使って完ミから完母に移行した私の実体験を綴っています。乳首が短くて直母が全く出来なかった私でも、その後直母が出来るようになり、母乳量もグンと増やし完母になれました!母乳育児で悩んでいるママぜひ私の経験を参考にしてください。

MENU

生後3週間でまだ直母ができなくてギャン泣きされてました

まだ直接おっぱいあげられていなかった

生後3週間。

 

やっと赤ちゃんと一緒の生活が当たり前になってくる時期かと思いますが、私はその頃も絶賛母乳悩み中という状況でした。

 

なんと私は、生後3週間頃、まだおっぱいから直接の授乳が出来ていなかったのです。

 

保護器を使っての授乳は、退院後からトライしていましたが、うまくいったり全然ダメだったり。

 

赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれる日は来るのだろうか…と不安でいっぱいでした。

 

保護器を利用した経緯についてはこちらに書いています。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

おっぱいをくわえることすら出来ない我が子には、保護器経由での数滴の母乳と、多量のミルクが栄養源でした。

 

夜間の搾乳を始めてはいたものの、それでも30分かけて絞れるのは5ml~10ml。途方に暮れるような量でした。

 

搾乳で母乳を出していた経緯についてはこちらに書いています。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

 

生後3週間って直母が出来てるママでも悩む時期?

生後3週間という時期は、赤ちゃんも徐々に飲むミルクの量が増えてきて、最初から母乳育児をしていたママも、母乳量が足りないかも?と悩まれる方が多い時期だそうです。

 

それは、ある意味今後の母乳育児ライフにとってステップアップの段階。

 

ここで赤ちゃんに沢山おっぱいを飲んでもらって、その分製造されるぼ母乳量を増やせるからです。

f:id:happyday12777:20160427092036j:plain

そんな時期に、おっぱいすらちゃんとくわえられていない我が子…

 

毎日毎時間、とても不安でした。

 

赤ちゃんが飲む量が増してきても、今後の母乳育児のことを考えてミルクは最大80mlにしていたため、

 

赤ちゃんもお腹空いた~と頻繁に泣いてしまうようになりました。

 

もうこんなに泣かれるんじゃ、母乳育児も限界が見えてるのかな、と半ば諦めモードにもなってきた時期でした。

 

ある日突然私にも光が 

そんな頃でした。ある日急に、直接おっぱいをくわえてくれるようになったのです。

 

といっても、最初の日は1回だけ。それ以外はおっぱいを近づけても泣くだけでダメでした。

 

しかしその次の日は、2回だけ。さらに次の日は3回…

 

と徐々におっぱいをくわえられるようになり、

 

さらにその次の日には7回まで!!!!直接おっぱいをくわえることが出来るようになったのです。

 

嬉しくて涙が出てしまいました。本当に夢のようでした。やっと、母乳育児の最初のスタートラインに立てたのです。

 

きっと、根気よく保護器を使って直母の練習をしていたからだと思いました。

 

赤ちゃんも、ギャン泣きしながらも頑張って直母の練習をしてくれていたのですね。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

 

私が完全に直母に成功したと感じた時期はなんと、出産からもうすでに1か月を目前にしていた頃でした。

 

➡記事の一覧はこちら

 

 

 

★母乳量増やして完ミから完母にした私の記録★

赤ちゃんと外出していると、街中でおばあちゃんに話しかけられ、「母乳?」って聞かれる。

 

完ミのときは、恥ずかしくて正直に言えなかった…

 

おっぱいすら直接くわえられなかった私の赤ちゃんが、おっぱいを飲めるようになったのは、

 

まさかの出産から約1か月後。

 

それでも、完母になったんです!

 

その詳細は、こちらです↓↓↓

f:id:happyday12777:20170509233049j:plain

>>『完ミだった私が完母になった理由』はこちらから★