乳首が短くて完ミスタートでも直母も完母にも成功した授乳のコツ

母乳育児で悩んでいるママ向けに母乳相談室を使って完ミから完母に移行した私の実体験を綴っています。乳首が短くて直母が全く出来なかった私でも、その後直母が出来るようになり、母乳量もグンと増やし完母になれました!母乳育児で悩んでいるママぜひ私の経験を参考にしてください。

MENU

乳首が短い私の完ミから完母への道のり

知らなかった!授乳と乳首の長さの問題

こんなことを記事で赤裸々告白することになるとは思いませんでしたが(笑)、私、乳首がかなり短いんです。

 

出産するまで、そんなこと別にコンプレックスに思ってなかったのですが(おっぱいが小さいことは、昔からかなりのコンプレックスです)、出産してから、乳首の長さ問題に悩まされることになりました…

 

 f:id:happyday12777:20160901103628j:plain

 

出産した日は、特に授乳とかもしなくて、出産直後にカンガルーケアさせてもらった際に少し赤ちゃんにはおっぱいをくわえてもらいました。

 

「うわぁ…♡こんな感じで赤ちゃんがおっぱいを飲むことになるのかぁ」

 

と、このときは感動にひたっていた私。

そのあとの恐ろしい日々が訪れるとは知らずに…(悲)。

 

出産した次の日、いよいよ赤ちゃんにおっぱいを飲ませる練習が始まりました。

 

病院内に授乳室があって、そこへ移動。そして助産師さんが赤ちゃんを連れてきてくれました。(うちは母子同室なのですが、初日~次の日の朝までは、新生児室で預かってくれていました)

 

いよいよ授乳!!

 

すると、助産師さんが赤ちゃんの首元を掴んで私のおっぱいめがけて勢いよくぶつけた!

 

赤ちゃんギャン泣き!!!

 

想像していたものとは全く違う、授乳スタイル。

 

え、え、え、??

私困惑。

 

そのとき、助産師さんが、

「少し乳首短いけど、ちゃんと授乳できるようになるからね。」

と言ったんです。

 

このとき初めて、私の乳首が短いと赤ちゃんおっぱい飲めないの…?とわかったのです。

 

退院するまでおっぱい飲めず、完ミで退院

それからというもの、病院では毎日授乳の練習が続きました。そして、私のおっぱいも岩のようになっていて、激痛のおっぱいマッサージ。大げさではなく、このおっぱいマッサージは陣痛並に痛かったです。

 

退院前日まで赤ちゃんの体重は減り続け、お腹の空いた赤ちゃんに泣かれ続け、このままでは退院出来ないかもという事態に。

 

そこで、おっぱいに固執するのはやめて、もうミルクをガンガンあげていこうと決めたのでした。

 

でもやっぱり完母にしたい

退院後、ミルクを作り続ける日々。なんだか悲しくなったりむなしくなったりして、やっぱり母乳での育児は諦められませんでした。

 

そして、病院で数回試した母乳相談室の乳首のことを思い出し、深夜に必死で検索して探したところ、Amazonで取り扱いがあることがわかり、すぐさま注文をしたのです。

 

その記事についてはこちらに書きました。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

 

早速次の日にAmaonから到着。

 

ここから、赤ちゃんが上手におっぱいをくわえる練習と、少しでも吸ってもらうことで母乳が止まらないよう気を付けていきました。

 

これを使っても、すぐに赤ちゃんがおっぱいを吸えるようになったわけではなかったのですが、この乳首を通じて母乳が飲めるように、少しづつですが確実に進歩していきました!

 

大事なのは、

・"UP"と書かれているところまでを赤ちゃんのお口に入れるようにすること

・ミルクをあげる前に、母乳相談室の乳首経由でおっぱいを吸ってもらう練習をすること

・赤ちゃんがチューチュー吸えそうだったら、乳首の中に、手で絞った母乳を少し垂らしていれておくこと

 

です。

 

これを地道に続けていくことで、生後約1か月後、見事に毎回直接おっぱいを吸えるまでになりました。

 

あとは頑張って母乳の量を増やす!

直接おっぱいが飲めるようになった喜びは大きかったですが、まだこれでは終わりません。結局、作られる母乳の量がまだ少なくて、赤ちゃんに毎回泣かれてしまったのです。

 

でも、直接母乳が飲めるようになっていれば、ここからは時間の問題。

着実におっぱい製造工場は稼働率を上げていくので焦らずとも徐々に完母になるはずですが、やっぱり不安。

 

そこでネットでAMOMAのミルクアップブレンドというハーブティーを知りました。

 

bonyu-ikuji.hatenablog.com

 

調べていたら、これで母乳量が増えた!という口コミを沢山見つけたことと、ちょうどガイヤの夜明けでこの会社が放送されていて、このハーブティーで使われているハーブがフェアトレードのものであり、貧困の国を助けることにもなると知ったからです。

 

>>AMOMAミルクアップブレンド

 

実際、私もこのハーブティーを飲みました。

効果はあったと思います^^

 

でも、その後さらに、母乳を増やすのに効果的なサプリを見つけ、サプリで母乳量を増やすように頑張りました^^

 

その内容はこちらに書いています。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

 

そのあと、母乳が詰まってしまったので、AMOMAミルクスルーブレンド にもお世話になり、さらには断乳の際にはAMOMA卒乳ブレンド にもお世話になりました。

 

ハーブティーやサプリのほかにも、母乳を増やせる方法は色々あります。

例えばお米とお水と根菜を沢山摂ること。

 

これだけでもかなり母乳量を増やすことは出来ると思います。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

 

他にも私がやってきたことは、夜中に1回だけ搾乳をすること

 

本当はもっと絞ったらいいのかもしれなかったのですが、搾乳機を洗って乾かしてまた組み立てるだけでも一苦労だったので、頑張りすぎないことにしたのです。

 

夜中の0時~2時の間に1回だけ搾乳。

 

これは続けていたのですが、あるとき赤ちゃんが夜中にミルクをブワーッと吐いたことがあり、夜中には十分な量の母乳が出るようになったとわかり、搾乳はやめました。

bonyu-ikuji.hatenablog.com

 

こんな流れで、乳首の短かった私も無事に完母になり、途中からは赤ちゃんもおっぱい大好き過ぎ赤ちゃんとなり大変なくらいでしたが、授乳は最初に苦労した分、幸せも倍増でした。

 

本当に母乳育児が出来てよかったなぁと思っています♡

 

過ぎてしまえば全てが笑い話。

 

あのときこんなに苦労した!泣いた!ということも、育児の中の素敵な思い出です。

 

1歳過ぎてもおっぱい大好きで欲しがる赤ちゃんを横目に、旦那が「最初はあんなに苦労したのにね」と何度笑って話したかわかりません。

 

辛くても、続けていれば赤ちゃんも成長してくるので状況は必ず良くなります。

 

焦りすぎないで続けていけたらいいですよね!

 

➡記事の一覧はこちら

 

 

 

★母乳量増やして完ミから完母にした私の記録★

赤ちゃんと外出していると、街中でおばあちゃんに話しかけられ、「母乳?」って聞かれる。

 

完ミのときは、恥ずかしくて正直に言えなかった…

 

おっぱいすら直接くわえられなかった私の赤ちゃんが、おっぱいを飲めるようになったのは、

 

まさかの出産から約1か月後。

 

それでも、完母になったんです!

 

その詳細は、こちらです↓↓↓

f:id:happyday12777:20170509233049j:plain

>>『完ミだった私が完母になった理由』はこちらから★

 

 

 

➡記事の一覧はこちら

 

 

 

★母乳量増やして完ミから完母にした私の記録★

赤ちゃんと外出していると、街中でおばあちゃんに話しかけられ、「母乳?」って聞かれる。

 

完ミのときは、恥ずかしくて正直に言えなかった…

 

おっぱいすら直接くわえられなかった私の赤ちゃんが、おっぱいを飲めるようになったのは、

 

まさかの出産から約1か月後。

 

それでも、完母になったんです!

 

その詳細は、こちらです↓↓↓

f:id:happyday12777:20170509233049j:plain

>>『完ミだった私が完母になった理由』はこちらから★