乳首が短くて完ミスタートでも直母も完母にも成功した授乳のコツ

母乳育児で悩んでいるママ向けに母乳相談室を使って完ミから完母に移行した私の実体験を綴っています。乳首が短くて直母が全く出来なかった私でも、その後直母が出来るようになり、母乳量もグンと増やし完母になれました!母乳育児で悩んでいるママぜひ私の経験を参考にしてください。

MENU

ミルク缶の記載が正しい?生後1ヶ月の直母量目安ってどのくらいか気になる

私は娘が生後3週間くらいまで直母が全く出来ず、その後に直母が出来るようになっても母乳量が全く足りていなかったので、生後1ヶ月目あたりまでは、ほぼ完ミで育てていました。

 

完ミだと、あげるミルクの量がミルク缶(もしくは箱)に書いてあるのでわかりやすいですよね。

 

我が家では、明治のほほえみらくらくキューブを使っていたので、目安はこんな感じでした。

f:id:happyday12777:20170626143622j:plain

 

f:id:happyday12777:20170626143635j:plain

でもここで注目すべきは、目安のミルク量に合わせて授乳の回数も書いてあることです。

 

これって、混合で育てている場合のミルク量なのかな?とも思いますが、

 

生後1ヶ月~2ヶ月って、母乳が出ている量もママによって全然違うし、

 

赤ちゃんも生まれたときの体の大きさや、

 

ミルクを飲む量にも個人差があるので、結局完ミでも混合でも、あくまでこの記載は目安程度にしかならず、

 

赤ちゃんの様子を見ながら調整していく必要があるそうです。

f:id:happyday12777:20170626145253j:plain

 

あまりにもお腹が空いて泣いていたり、”体重も思うように増えていなければミルクの量が足らない可能性があるので足してください”と、明治のホームページにも書いてあります。

 

ミルクの時でさえ、あげるミルクの量は目安にしかならず結局は個人によって必要な量が違うので、直母ならなおさらですよね。

 

母乳の出る量、赤ちゃんがおっぱいを吸える力、体の大きさ、飲める量、みんな違うので、どれくらい飲めていればOK、これしか飲めていないから絶対ダメ、なんてことは無く、

 

なので結局は、直母量は気にしすぎずに、欲しがったら飲ませてあげるという頻回授乳をひたすら繰り返していく必要があると思います。

 

実際うちの娘の場合は、2ヶ月過ぎあたりに完母になってからというもの頻回授乳が続き、生後3ヶ月目までは1~2時間に一度はおっぱいをあげている状態でした。

 

でも私は面倒くさがりなので、授乳回数しかメモを取っておらず、飲めた量なんて一度も計ったことはありませんでしたが、

 

それでも生後3ヶ月頃には授乳間隔があいてきて、「完全に母乳育児が軌道に乗った!」と思えるまでになりました。

 

そして、その後離乳食が始まったあとでもなぜだか授乳間隔はあまり空かないまま、結局断乳する1歳2ヶ月あたりまで、結構な量の母乳を飲んでいました。

 

途中は、「私の母乳が出ていないからこんなに頻回で欲しがるのかな?」と思っていたのですが、どうやら違ったようで

 

断乳後も、とにかく驚くほどご飯を食べる…!

 f:id:happyday12777:20170626145618j:plain

見た目では全くわからなかった(標準体重なので)のですが、うちの娘はとにかく食べる子だったんですね。

 

 なのでやっぱり振り返ってみると、必要なミルクの量、直母の量って、赤ちゃんそれぞれで違うし、気にしすぎてもしょうがないんだろうなあ~と実感します。

 

なので、スケールで毎回体重計って、飲めてる飲めてないで一喜一憂するよりも、とにかく母乳育児を軌道に乗せるために、生後1ヶ月頃の授乳は、欲しがったらあげる頻回授乳で良いのではないかな~と思います。

 

➡記事の一覧はこちら

 

 

 

★母乳量増やして完ミから完母にした私の記録★

赤ちゃんと外出していると、街中でおばあちゃんに話しかけられ、「母乳?」って聞かれる。

 

完ミのときは、恥ずかしくて正直に言えなかった…

 

おっぱいすら直接くわえられなかった私の赤ちゃんが、おっぱいを飲めるようになったのは、

 

まさかの出産から約1か月後。

 

それでも、完母になったんです!

 

その詳細は、こちらです↓↓↓

f:id:happyday12777:20170509233049j:plain

>>『完ミだった私が完母になった理由』はこちらから★